平成29年12月号の『すがも』
本誌は主に協賛会員の店にあります★

h 005.JPGh 005.JPG

  今年もついに師走を迎えました。巣鴨詣でのおばあちゃんたちは「一年って、早いね」と、今年を振り返ります。「お地蔵様に護られているから、お陰で今年も元気でいられたわ」と幸せの笑顔がこぼれるのです。そんなお年寄りの参拝者で12月も巣鴨の街はにぎわいます。



今月の巣鴨の街歩き(イベントなどの紹介)

■巣鴨地蔵通り沿いに山門があるとげぬき地蔵尊・高岩寺。境内の「洗い観音様」の前には大勢の参詣者が列を作って並んでいます。病気や怪我で困っている人にはオススメのスポットです。「洗い観音様」をお参りする前に、ご本尊の「とげぬき地蔵尊」(秘仏)を参拝すれば、そのご利益は益々高まります。



ko 097.JPG





――地蔵そばの「大橋屋」はペット同伴歓迎の店
 とげぬき地蔵尊・高岩寺横にある、お蕎麦屋さん「大橋屋」は、ペット同伴でも入れる店。店内が広いため、隣のお客様に迷惑を掛けずにペットをそばにおいての食事が楽しめる。

――巣鴨を紹介した単行本『ぶらり、ゆったり、今こそ癒しの街・巣鴨』が再び注目されている
 一つの商店街、たった800メートルの街道に連なる商店街の商売繁盛記を紹介した単行本が、再び脚光を浴びています。それは、全国発売されている『ぶらり、ゆったり、今こそ癒しの街・巣鴨』(展望社発行・1350円)。著者は巣鴨地蔵通り商店街振興組合理事長の木﨑茂雄さん。「おばあちゃんの原宿」と呼ばれている「とげぬき地蔵通り」とその商店街を主体に、巣鴨の歴史・文化にもふれ、商店街活性化の秘訣が書かれています。いまや商店街と言えば、シャッター通りに衰退しているのが当たり前のように思われていますが、どっこい、本で紹介されている「巣鴨地蔵通り商店街」は違います。この一冊を読めば、なぜ今も衰えない元気さがあるのかがわかり、街の魅力が伝わってきます。

『すがも』オススメのお立ち寄り処↓